なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年10月14日の大崎裕史の今日の一杯

東京都目黒区目黒

山手通り沿い、「かづ屋」の並びで「きび」の隣にある団子屋さん。本店は白金にあり、創業90年以上になるらしい。リニュアルして新しい雰囲気ではあるが、今でも団子を店頭に並べて売っている。店内にはテーブル席があり、団子はもちろん、ラーメンやカレー、丼ものなどを販売している。
たま〜に昔ながらのラーメンを食べたくなることがあり、今は餃子の「安兵衛」になってしまった場所にあった蕎麦屋さん「朝日屋」か、こちらでラーメンを食べることが何度もあった。
おいしいラーメン、という点では「きび」や「かづ屋」で食べた方がいいと思うがこういう気まぐれを私なりに楽しんでいる。そういや団子は食べたことが無いかも。
主な軽食メニューは「ラーメン」550円、「味噌ラーメ」600円、「カレーライス」630円、「かつカレー」800円、「玉子丼」650円、「親子丼」750円、「かつ丼」820円など。
さらにAセット「ラーメン+ミニかつ丼」900円、Bセット「ラーメン+ミニカレー」800円といったセットメニューもあり、私はセットが多い。というか、味噌ラーメンとかかつ丼を食べたことが無いかも。隣の人が食べていておいしそうだったので、次回はそれにしてみよう。
ラーメンはホントにこういう定食屋で出てくるラーメンそのもの。鶏ガラ醤油のあっさりラーメン。カレーもホッとするような日本風カレー。これが800円で食べられるのだからいい。意外とお客さんも多く、入れ替わりでほぼ満席が続いている。多くの人はセットメニューを食べている。たまにはこういうラーメンでほっこりしたくなるのだ。

お店データ

大久保だんご

東京都目黒区下目黒3-5-1(目黒)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2019年4月末現在約12,500軒、約25,500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。