なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つゆやきそば(650円)」@すごう食堂の写真2009年9月25日(金)訪問。

(灰色になると思いますが投稿します)
もう帰るつもりだったのにどんどん北上。
日景温泉に寄った後、「そう言えばこの間の「旅の香り」でなんかやっていたなあ」ってのを思い出しこちらへ。森沢明夫著「津軽百年食堂」で紹介された店で、テレビでは氷川きよしが来ていました。
18:28入店、先客2名。
おばちゃん2名で切り盛りしていました。
お店はちょっと古さを感じますが、微妙な古さですね。
メニューにはラーメンもあったが、やっぱり黒石名物の「つゆやきそば(650円)」と「おにぎり(150円)」を注文。
18:37つゆやきそば登場。
ラーメンのようなビジュアルですが、ソースの香りです。
テレビでは炒めた焼きそばにスープをかけていたが、食べた感じは何か違っていました。
スープは焼干しベースでソースの甘酸っぱい感じが独特ですね。ソースはウスターっぽく感じましたが違うかな?

麺は焼きそば用にしても太麺で、炒めた感じはあまりなく、茹でた感じでした。
ストレート麺で結構コシがあり、もちもちした食感がなかなかいいですね。
ソーススープは独特ですが、麺との絡みは良好でした。

具には焼きそばらしいもの。
炒めたキャベツ、タマネギ、豚小間、ネギ、揚げ玉。
炒め野菜はタンメンみたいで全然違和感なし。
豚小間と揚げ玉でコクを出していました。

おにぎりは1個だが、手作りで大きくホクホクでした。

18:45完飲完食。
始めて食べたB級グルメご当地メニューでしたが、麺が美味しく結構ツボにはまりました。
他にも有名な店があるようなので、そちらでも食べてみたいですね。
(※ラーメンの醤油がソースに変わっただけみたいな感じでしたのでレビューしちゃいました)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。