なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「黒鶏そば」@らぁめん 欽山製麺所の写真続・うどんの国にてらあめんを食う。

鶏白湯を押し出していますが、動物系と魚介系のダブルスープのようです。特にスープへのこだわりがありそうな雰囲気が感じられたので、食べるのを楽しみにしていました。
とか言いながら自家製マー油で真っ黒なこちらを選んでしまいましたが…(苦笑)だって気になったんだよ。

ご対麺
するより先にやってきたマー油の香ばしさ(笑)
目の前にやってくるとさらに芳しく感じられました。そして容姿は想像に違わぬ漆黒っぷり。中がまったく見えません!
そんな強烈な色彩感ですが、ひとくちスープをいただくと、思ったよりあっさり。当然、マー油は強いですが、それに負けない鶏白湯としての旨味があって、さらにそれだけでは言い表せない複雑な旨味もあって…でも一般的な鶏白湯ほどの重さはなく、まろやかな美味しさがありました。不思議な味わいでした。
そんなスープに負けないコシのある食感が特徴の麺は、地元香川県産の「さぬきの夢2009」を使用した自家製中太麺。うどんに負けない魅力と力強さでした。

今回、高松で2杯のらーめんをいただきました。それに共通するのはスープの旨味がしっかりとしていたということです。うどん県ということでついつい麺に着目しがちですが、その実、だしや旨味の出し方、合わせ方がうどんに共通する技術なのかなあとなんとなく思いました。

【スープ】★★★★★
【麺】★★★★☆
【具】★★★☆☆
【他】★★★★☆

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。